がんばれ轟轟戦隊ボウケンジャー:てき ネガティブシンジケート ボウケンジャーのトップページにもどる
(C)2006 テレビ朝日・東映AG・東映
ネガティブシンジケート
「プレシャス」のちからをあくようしようとする“とうぞく”たち。
いろいろなグループにわかれていて、それぞれちがったのうりょくをもっている。
ゴードムぶんめい
4まんねんまえ「ゴードムのしんぞう」とよばれた“ひほう”で、ちきゅうのうみをしはいしていたぶんめい。
だいしんかん ガジャ
4まんねんの“ふういん”からふっかつ。「ゴードムぶんめい」をふっかつさせようとたくらむ。いろんな“じゅじゅつ”をつかいボウケンジャーをくるしめる。
カース
ガジャの“じゅじつ”からうみだされた「ゴードムへい」。
きょしんゴードム
「ゴードムしんでん」でありながら、「ゴードムのしんぞう」をセットすることで うごきだす“きょだいへいき”。
ゴードムのしんぞう
「くび」をまもるためにつくられた“ばんにん”。
“きょだいモガリ”もいる。
きょしんガガドム
ガジャによってつくられた“きょしん”。
「ゴードムエンジン」のパワーで うごく。
でも、クエスター、ガイ・レイに ぬすまれてしまうんだ。
かいぞうげんじゅうゴードラム
「レムリアぶんめい」のせいぶつへいき“げんじゅう”に ガジャが、ゴードムエンジンをつけ“かいぞう”。
ガジャのめいれいを ちゅうじつに きく。
デスペラート
ガジャによってうみだされた“かいぶつ”。
プレシャス「パンドラのはこ」のなかに ふういんされていた このせかいのすべての“わざわい”から できている。
ガジャドム
3つのゴードムエンジンをとりこんで、のうりょくをましたガジャが プレシャス「ゴードムのしんぞう」を きゅうしゅうして ゴードムの“かみ”へと ちかづいたすがた。
ジャリュウいちぞく
『きょうりゅういでんし』によってうみだされた“りゅう”のカラダをもつネガティブ。
じぶんたちが せかいを“しはい” するにふさわしいとおもっている。
リュウオーン
ジャリュウいちぞくのリーダー。『きょうりゅういでんし』をつかい、「ジャリュウ」や「だいじゃりゅう」をつくりだす。
プレシャスのちからでせかいを“しはい”しようと、たくらんでいる。
ジャリュウ
リュウオーンにつくりだされた「きょうりゅうへい」。ことばをはなせる。
だいじゃりゅうドルド
ジャリュウいちぞくがあやつるきょだいな「かいぞうサイボーグきょうりゅうへいき」。むねにある“かんきょう”からそうじゅうできる。
じゃあくりゅうドライケン
ジャリュウたちをたたかわせ、いきのこったものが じゃあくりゅうドライケンになる。
「サラマンダーのうろこ」をつけて“かんせいたい”になるとちゅうで、ボウケンジャーに はばまれた。
だいじゃりゅうザルド
リュウオーンがつくった“だいじゃりゅう”。
とてもパワーがあり、“うで”のちからで「ゴーゴードリル」のかいてんだって とめてしまうんだ。
だいじゃりゅうギラド
リュウオーンがつくったスピードタイプの“だいじゃりゅう”。
リュウオーンと てをくんだガジャが、そうじゅうする。
じゃあくりゅうリンドム
リュウオーンがつくった“じゃあくりゅう”。
「ふしのくすり」をさわってしまい、“きょだいか”してしまう。
ラギ
「みずのみやこ」をふっかつさせるプレシャス「アクアクリスタル」をさがす“みずのたみ”。ちじょうでのこうどうは、にがてなため、リュウオーンにカラダを“かいぞう”してもらう。
じゃあくりゅうナーガ
リュウオーンがつくった“じゃあくりゅう”。
リュウオーンが「ふしのくすり」をけんきゅうしてつくった「せいめいエネルギー」で“きょだいか”した。
だいじゃりゅうゾラド
リュウオーンがつくった そらとぶ“だいじゃりゅう”。
じゃあくりゅうターロン
リュウオーンがつくった“じゃあくりゅう”。
プレシャス「ふうすいらばん」をつかい、“ちりゅう”を ふっかつさせようとする。
じゃきりゅうグランド
リュウーオンが つくった“だいじゃりゅう”に、クエスターの テクノロジーを がったいさせた“きょだいサイボーグ”。
からだのなかに たくさんの“ゾラド”をつんでいる。
じゃあくりゅうデンベイ
リュウオーンがつくった“じゃあくりゅう”。
「パンパシえきでん」のマスコットキャラクターそっくりに つくられた。
じゃあくりゅうダガーギン
リュウオーンがつくった さいきょうの“じゃあくりゅう”。
ボウケンジャーのもっている“ぶき”を“みぎうで”にコピーし、その“ぶき”の2ばいのチカラで こうげきすることができる。
ダークシャドウ
“かげのしゅう”といわれた「にんじゃ」のまつえい。いろんな“にんじゅつ”をあやつるネガティブシンジケート。
プレシャスをあくようするヤカラにうりつけようとする。
まぼろしのゲッコウ
ダークシャドウの“しゅりょう”。
「ツクモガミへんかのじゅつ」をつかい「ツクモガミ」をつくりだす。
やみのヤイバ
ダークシャドウずいいちの“つかいて”。あおいよろいをみにまとっている。
とっても“ナゾ”がおおい。
かぜのシズカ
ダークシャドウの“くのいち”(おんなにんじゃ)。
いろんなにんげんに“へんそう”するのがとくい。
ジョウガミ
ゲッコウの「がげにんぽうツクモガミへんかのじゅつ」によってうみだされた。
「ふるいじょうまい」と「あたらしいデータディスク」が、がったいした。
タクミガミ
「こうじょう」と「ひなわじゅう」ががったいした“ツクモガミ”。
じょうほうをとりこみ、じぶんのカラダをつくりかえることが できる。
カワズガミ
「そうじき」と「がまぐち(おさいふ)」が がったいした“ツクモガミ”。
おおきな“くち”をつかい、なんでも“すいこむ”んだ。
カナデガミ
「ふいご」と「スピーカー」が がったいした“ツクモガミ”。
ハーメルンの“ふえのおと”を「ふいご」と「スピーカー」をつかい、おおきくするんだ。
ネンドガミ
「ねんど」と「カメラ」が がったいした“ツクモガミ”。
なつきの ウソのいもうと“ミリア”に へんしんしたり、きょだい“ますみ”にもなる。
ズカンガミ
「シルクハット」と「どうぶつずかん」が、がったいした“ツクモガミ”。
“てじな にんほう”で、ボウケンジャーを“どうぶつ”に かえちゃうんだ。
アクタガミ
「うちわ」と「クーラー」を がったいさせようとしたとき、シズカが ゴミもまぜて つくってしまったツクモガミ。
からだが ゴミで できているんだ。
シルベガミ
「ろくぶんぎ」と「チョーク」が、がったいした“ツクモガミ”。
とくいワザは、「チョーク」を あいてにぶつける“チョークこうげき”だ。
マモリガミ
「おまもり」と「パソコン」が、がったいした“ツクモガミ”。
プレシャス「かみのかしら」に なりすまし、みずからが“おとり”になる。
かぜのスーパーシズカ
プレシャス「にじのたんもの」を まとって さいきょうの“スーパーくのいちせんし”に へんしんした シズカのバトルスタイル。
“きょだいか”も できる。
まちょう
すうひゃくねんまえ、にんじゃ“まぼろしのゲッコウ”によって“ふういん”された きょだいな とり。
きょうぼうな せいかくで、せかいを ほろびつくすまで あばれつづける。
クエスター
ヒトと べつの“しんか”を たどった かいぶつ「アシュ」の“ガイ”と“レイ”。
いちどは ボウケンジャーに たおされるが、“ガジャ”により『ゴードムエンジン』を とりつけられ、プレシャスのたんさくしゃ「クエスター」“ガイ”“レイ”としてよみがえる。
でも、“ガジャ”とは、すぐにケンカして わかれてしまうんだ。
クエスター・ガイ
“いかりの きしん”と よばれたアシュ。
“ガジャ”により「クエスター・ガイ」に てんせいする。
クエスター・レイ
“おおいなる けもの”と よばれたアシュ。
“ガジャ”により「クエスター・レイ」に てんせいする。
ヒョウガ
“アシュ”だったガイに したがい「ひゃっきかがみ」を さがす“アシュ”。
「ひゃっきかい」からレイをよびだしたが、ボウケンジャーに たおされる。
オウガ
「にしのいちぞく」のアシュを たばねる“おさ”だった。
“えいじ”のおかあさん“ケイ”といっしょにそだち、“えいじ”に たいして“いじょうな しゅうねん”を もって たたかいに いどむ。
クエスターロボ:ターボ
クエスターが、じぶんでつくった きょだいロボ。
とってもうごきが はやいんだ。
クエスターロボ:エリート
ゴードムエンジンのパワーを“げんかいち”まであげたロボ。
ずばぬけた はやさとパワーを ひめるが、オーバーヒートも してしまう。
プレシャス「でんせつのよろい」をつけることで、“ぼうぎょりょく”も アップした。
クエスターロボ:ブレイズ
「せんとうヘリコプター」を さんこうにつくられたクエスターロボ。
プレシャス(ぼうこくのほのお)をつかい、きょうりょくな“かえん”を はきだす。
クエスターロボ:ラジアル
「じゅうそうこうしゃ」を さんこうに つくられたロボ。
プレシャス「やまくだきのかなぼう」を てにし、あばれまわる。
ホムンクルス
「カドゥケウスのつえ」「けんじゃのハーブ」「パラケルススのすいぎん」の3つのプレシャスを「メルクリウスのうつわ」に いれることで うまれる“かいぶつ”。
クエスターがつくった ひこうき「オーバー」とがったいし、クエスターの いのままにうごく。